フライトを見直してみよう

航空券の価格は海外旅行費用の大半を占めるので、航空券を安く抑えるのが節約旅行のポイントです。では一体、安いチケットはどのような条件のフライトなのでしょうか。 10時間以上のフライトで旅行に行く場合、飛行機は直行便か乗継便に分かれます。直行便のほうがフライト時間は短いですがチケット代は高い傾向にあります。一方で乗継便を利用すると、乗り継ぎ待ちの時間がある上に迂回して目的地へ行くため、直行便よりも数時間は移動時間が必要です。しかし費用は直行便よりも数万円から10万円近く安くなるケースもよくあります。航空券代の節約をしたければ乗継便を利用するのが良いでしょう。ただ、長時間のフライトになるため体力に自信がある人におすすめです。

民泊を利用してみよう

海外旅行の滞在先にホテルを選ぶ人は多いです。高級ホテルだとエントランスから客室までシックで落ち着いた雰囲気で、いつもよりワンランク上のひとときを体験できます。やはり高級ホテルは1泊あたりの宿泊料は高額です。ホテルのグレードが上がれば上がるほど、宿泊料金が増えていきます。 海外旅行費用を抑えるために、ホテルではなく民泊を選ぶ人が増えています。民泊とは、現地に住む人が所有するアパートや一軒家を借りれるサービスです。1泊あたりの料金はホテルよりもずっと格安なのが特徴です。一般的な住宅をホテル代わりに利用できるので、現地の人の暮らしを疑似体験できるのも斬新なポイントです。他の人とは違った旅行が楽しめるでしょう。