イタリア人が働いているお店に入ろう!

その土地のおいしいものを楽しみたい、イタリア旅行をする人は誰しもがそんな思いを持っているのではないでしょうか。 そんな時のちょっとしたポイントがあります。 最近はイタリアの観光地には中華系、中東系の人が営業しているお店も多数みかけます。 そんなレストランでは、冷凍を解凍しただけだったり、作り方が全く違ったりと、なんかちょっと違うな...というハズレに当たってしまう可能性が高くなります。 イタリア人観光客の中には、中で働いているスタッフを見てお店を変える人もいるほど。 もちろんイタリア人経営が絶対美味しいわけではありませんが、ハズレは極力避けたいもの。 時間とお財布に余裕があるのなら、イタリア人スタッフがいて、込み合っているレストランを選んでみてはどうでしょうか?

いざ!お支払いでびっくりしないために。

さて、美味しい料理に飲み物を堪能してお会計。 そんな時、予想以上に高くなっていてびっくりしないために覚えておきたいことが2つ! まず、一言もなく、すっとテーブルに置かれるパン。 私たちの感覚では、テーブルに置かれたらサービスのような気がしますが、ちゃっかりチャージされることも多々。 一言お店の人に聞いてみるといいかもしれません。 そして、忘れちゃいけないテーブル代、日よけ代。 観光地のレストランではテーブル代が発生するのが普通。 屋外で食事を楽しむと、テーブル代に加えて日よけやパラソルにも発生することがほとんどです。 合わせて5ユーロ超えてしまうこともしばしば。 この二点を心得ておくと、心に余裕をもってお会計に臨めますね!