海外旅行中は防犯意識を高く持って

海外旅行中は日常生活以上に防犯に気をつけるべきです。日本は非常に治安が良いので、観光地だとしても危ない目に合うことはまず無いですが、海外では観光客をターゲットにした犯罪が目立ちます。親切にしてくれたと思ったら後でお金を請求されたとか、財布やスマートフォンを盗まれたとかいうエピソードはよく聞きます。スリは組織的に行われているので、すぐには気が付けません。万が一、カードを盗まれたことに気がついたら、すぐにカード会社に連絡すれば使用を停止してくれます。とは言っても出来るだけ悲しい思いはしたくありませんよね。犯罪に巻き込まれるとせっかくの旅行の思い出が嫌なものに変わってしまいます。自分で自分の身を守る意識を持っておきましょう。

体調管理に気をつけて

海外旅行では気持ちが高まって普段以上に張り切って行動してしまうものです。観光やショッピング、レストランやバーと、楽しめる要素がたくさんあります。滅多に来られない旅行なら、1つも逃さず楽しんでしまいたいという心理が働くものです。旅行中は時差ボケで辛くても無理をして体力以上にはしゃいでしまうこともあるでしょう。2~3日の旅行なら気力で過ごせるかもしれませんが、1週間近くの旅行の場合、毎日高ぶったテンションで過ごすのは若くて体力がある人でも無理があります。旅行の途中でダウンしてしまう可能性も考えられます。ただでさえ慣れない土地や食事で気力と体力が奪われますので、夜は早めにホテルに戻るようにして体力温存を意識してください。