お土産選びに苦労するかも

海外旅行に行ったときに悩みのタネになるのが、みんなに配るお土産選びです。日本の観光地ならお土産で配るのを想定して、「ご当時名物」と銘打った小分けのお菓子が売られています。名物のお土産を買っていけばハズレ無しでみんなに喜ばれるので楽ちんです。一方、海外でバラマキお土産を買うのは至難の技です。というのも海外の人からすると「お土産は自分のために買うもの」と考えられていますので、お土産ショップに行っても誰かにプレゼントするための小分けのアイテムはあまり売っていないのです。「ご当地名物」も海外にはあまり無い文化なので、絶対にコレというお土産はなかなか見つからないのが実情なんです。そのため日本人は困ってしまいます。

現地のスーパーマーケットに行ってみよう

お土産ショップに行ってもお土産が見つからなかったときに一つ試してもらいたいのが、現地のスーパーマーケットを覗いてみることです。スーパーには現地で定番のお菓子が売っています。大量に入ったお徳用なら1つ1つが個包装されているのでバラマキお土産にぴったりです。日本では製造されていない特大サイズのお菓子が見つかるかもしれません。ウケ狙いに良いでしょう。 オーガニック系のスーパーの商品ならブランド価値もあるので、女性に喜ばれます。オーガニックの自然な素材からできたハンドクリームやリップクリームは女性友達のお土産としてよく選ばれています。スーパーのロゴの入ったエコバッグも人気です。自分用にも1つ買っていく人も。